投薬ミスで何もかも辛かった

なんと、投薬ミスという医療事故に遭ってしまいました。
こんなことが自分に起きるとは思っていませんでした。

ちなみに、今は以前よりかなり元気になりました。
どんなことが起きたのかというと、薬自体は間違っていなかったのですが、量が少し多かったせいで、一時的ではありますがあまりにもだるくて、座っていられないくらいでした。
だからといって、寝ているのも辛かったです。
眠れるならまだ良かったのですが、中々眠れなくてただ横になっていたような気がします。
今となってはあまり覚えていませんし、思い出したくもありません。
あのときは、ただただ辛かったです。
寝ているときはずっと寝ていましたし、座っているときは自分の力で座ることも出来ないので、ずっと何処かによっかかっていました。
移動するときは車椅子というかんじでしたね。
話すのも面倒で、私はいつまでこのままなんだろうと、口に出すことはありませんでしたがずっと思っていました。

現在はなんとか元気な状態に

ですので、1つずつ色んなことが出来るようになると、希望が生まれました。
1度希望が生まれると、そこからは順調でした。
今もだるい日々は続いていますが、日常生活がなんとか送れるくらいには回復しました。
家族の助けもあるので、何とか暮らせています。
まだ遠出は難しいですが、これからも1つずつ頑張っていこうと思っています。